アクアリウム / Blog / iphone修理 / 自分でできるiphoneの画面修理

自分でできるiphoneの画面修理

iphone修理には、自分でやることができるものもあります。
もちろん、自分で分解するとサポートが受けられなくなるので、自己責任でやる必要があります。
画面修理は、自分でやるのはそこまで大変ではないので、比較的やりやすいものです。
iphoneのガラス画面は液晶の上に接着剤を使って貼り付けられています。

それをはがして新しいガラスを張り替えるだけです。言葉では簡単ですが、この接着剤を溶かしてはがすのは少しコツがいり、失敗してしまうと液晶も壊してしまうので注意して行う必要があります。
ガラス自体は、汎用品がネットショップ等で簡単に手に入ります。
それを購入して貼り合わせるのが流れです。
ちなみに、ガラス自体は1000円ほどで入手することができます。

接着剤は熱で溶かしていきますが、ヒートガンを使って溶かします。
これを持っていない場合はドライヤーで代用して溶かしていくこととなります。

はがしたら、あとはガラスに接着剤が付属しているならそれを塗って貼って終わりです。
このガラス面だけをはがすのは意外と大変です。ゆっくりやっていかないと液晶そのものが割れてしまいます。
やや上級者向けの修理方法です。
簡単なのが、少し高くなりますが、液晶とガラスパネルがセットになっている物を購入してそれを交換する方法です。
工具とセットになって2000円から5000円ほどでネットショップで売られています。

やり方は解説書に書かれている場合はそれを見ると良いですが、特に何もない場合は解説サイトに解説がなされているので参考にしましょう。
動画サイトで実際に交換しているところを撮影したものが多数アップロードされているので、それを見ながらやれば素人でもできるはずです。
繰り返しですが、iphone本体に自分で手を加えるとたとえ保証期間内であってもメーカーサポートの対象外となってしまいますので、
これをやるなら失敗する覚悟は持っておきましょう。
iphone修理 京都

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です