アクアリウム / Blog / iphone修理 / ipadのバックアップの取り方

ipadのバックアップの取り方

ipad修理を行う場合には、データが消えてしまう可能性を考慮するとバックアップを取っておくべきです。
どの業者も、データが消えてしまう可能性があるのでバックアップを取ることを推奨しています。
バックアップをしておけば、データがなくなってしまっても復元することができるので、困ることがありません。
注意点としては、復元することが可能なのは、それを取った時点までだという点です。

つまり、修理に出す時には必ず取っておかないと、直近の中身には戻せなくなるので注意してください。
これは修理に出す時に忘れがちなので気を付けておいた方が良いです。なお、修理の際にデータが消えても保証はなされません。

バックアップには二つの方法があり、一つはiCloud を使う方法です。
Wi-Fiに接続して、設定の項目からiCloudをタップしてバックアップを選択するだけです。
最後にバックアップされた日付が表示されていますので、いつの時点かはそちらを確認します。
今すぐバックアップを選択するだけで、特に難しい操作はいりません。このときWi-Fiネットワークに接続したままにします。
現在どれくらいの進行状況なのかについても確認できます。

面倒なバックアップを定期的に自動で行うようにも設定可能です。
無料で利用することができるのは5GBまでです。
それ以上のストレージは有料で容量をアップさせる必要があります。

iTunesでバックアップすることも可能です。これはパソコンに接続することでバックアップがとれます。
これは、概要という項目の中にバックアップというボタンがありますので、そちらをクリックしておくとバックアップが取れます。
自動的にバックアップするように選択をすれば、いちいちクリックしなくても接続したときにバックアップがなされます。

いつの時点のデータなのかは表示されますので、手動でやっているならそちらをチェックしてみましょう。
わからないことがあれば、アップルの公式のサポートを利用すればアドバイスをもらうことが可能ですので利用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です