アクアリウム / Blog / ipad / ipadが水没した時は

ipadが水没した時は

スマートフォンよりも大きな画面なので操作しやすい、目が疲れないという理由でipadの方がいいという人は一定数います。
普段から大事にipadを扱っていても、浴槽やトイレの中に落としてしまうことがあるかもしれません。もしipadが水没して故障してしまった場合はどうしたらいいのでしょうか。ipad修理のお店に出す前に応急処置を施すことで、大事なデータを復旧できるかどうかが変わります。

ipadが水没した時に最初にやっておきたいのが、本体の電源を切っておくことです。
電源が入ったままだとかなりの確率でショートしてしまい、データの復旧がそれだけ困難になります。
カバーなどを付けている時は、製品によっては水が浸入しやすくなる状態を招いている恐れがあるので、アクセサリー類などはまとめて外しておくのが無難です。
後は水を拭き取って乾燥しておけば一通りの応急処置は終わりです。
SIMカードが入っているなら外しておきましょう。

乾燥させる時に、ipadを左右に激しく振ったりドライヤーで乾かそうとすると故障するだけなので要注意です。
ipad修理のお店に持っていくと、まずはどのような不具合が起こっているかを詳しく検査することになります。
液晶画面がつかなくなったならこれを交換するだけでいいですし、もっと故障の範囲が広いならたくさんの部品の交換が必要ですよね。
データの復旧も行ってもらえますよ。

ただ、水没して本体の損傷の度合いが酷い時は、修理するのが困難なことも多いです。
その場合は諦めて新品に買い替えることになります。
修理店は対応可能な症状なら無料で見積もりを出してくれるので、他のお店と比べても妥当な金額であるなら依頼しましょう。
appleから認可を得ていない非正規店の他にも、直営店や性器のサービスプロバイダに持っていく方法もあります。

非正規店でも修理は十分可能ですが、保証制度が適用される方がいいなら正規店などの方がいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です