アクアリウム / Blog / 交通事故 / 交通事故直後にやるべきこと:怪我の治療

交通事故直後にやるべきこと:怪我の治療

交通事故に遭ったしまったら一番最初にしなければならないのが怪我の治療です。
出血していたり、痛みが発生したりしていれば病院に行くことがほとんどだと思いますが、なからは見た目何もないから、そのままでいる人もいます。
しかし、あとで痛みが発生したり、損害賠償でトラブルが起きたりする可能性がありますので、自覚症状がない場合でも病院に直行した方が良いでしょう。

交通事故で明らかにひどい場合は警察が事故現場を立ちあう前に救急車で病院に搬送されますが、そうでもなく意識がハッキリしている場合だと自ら病院に行くことになります。
自覚症状がないからといって放置していると、実は大きな損傷を負っていたということもありますので、忙しくても病院に行くのが正解です。

それと後々に関係してくるのが損害賠償の問題です。
交通事故に遭った直後に病院に行って、診断書をもらうかもらわないかで損害賠償請求の際に因果関係の証明が難しくなります。
損害賠償請求をするためには医師による診断書が必要であり、軽い怪我であれば、後日に診断してもらった場合だと交通事故による怪我かどうかが判断できづらくなって、医師が交通事故による負傷である診断書を書くことが難しくなるのです。

診断書を書いてもらったとしても交通事故に遭った日と診断してもらった日がズレていたら示談をする時にいらない疑いをかけられる可能性もあります。
一般的に事故が発生して2週間を超えると因果関係の証明が難しいと言われていますから怪我の治療は当然としても、後のことも考えて病院に行ってください。

怪我の治療にかかった費用の領収書は必ず保管しておき、損害賠償をする時に必要となります。

事故直後は痛みを感じないことが多々ありまして、それは興奮状態になっているからです。
あとで骨折や打撲をしていたことが分かった人もいますし、自覚症状のないまま重傷を負っていたケースもあります。
交通事故直後は何があるか分かりませんから怪我の治療を最優先するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です